読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ららら安楽の子

小説や映画などの感想ブログです。

みんなありがとう。――『素晴らしき哉、人生!』

It's A Wonderful Life - Trailer こんにちは。 突然ですが「失ってみて初めてわかるもの」、みたいに言われる系のものって色々あると思うんですけれど、その最たるものは、人なんですよね。きっと。特に恋人とか親友とか親とか仲間とかは言わずもがなそうで…

そいつらは否定できないけれど――『甲鉄城のカバネリ』

こんにちは。 テレビアニメをね、久々に一気見しました。WIT STUDIOといえば僕は『ローリング☆ガールズ』が本当に大好きなんだけど、まあ『進撃の巨人』とか『屍者の帝国』の制作会社、と紹介するほうが簡潔なんでしょうね。というか『ローリング☆ガールズ』…

最低の過去でも、最高の音が鳴れば良い。――滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』

思い出される過去を、今という時間でなく、過去の時間のままに思い出すことはどうしてできないものか。(本文62p) 過去は過去にしか存在していない。思い出す過去は過去然としているだけで実態はどうしようもなく今という時間に張り付いている。だからそ…

創造はなぜだか儚く、想像はなぜだか切ない――『コングレス未来学会議』

こんにちは。 先日の話ですが、祖母から母伝てにもらった鑑賞券でダリ展に行ってきて、文化的な気持ちになったのでそのままミニシアターで映画を見てきました。 アリ・フォルマン監督作品『コングレス未来学会議』です。 【映画 予告編】コングレス未来学会議

スペクタクルは止まらない――『サマータイムマシン・ブルース』

夏なので、夏の映画を涼しい部屋で観てました。 『サマータイムマシン・ブルース』はヨーロッパ企画の舞台の映画化作品らしいですね。見終えてからのクレジットで知ったのですが、監督は本広克行。 大学のSF研で瑛太とかムロツヨシとかの5人組(と、隣の写…

方針

こんにちは。 当方映画や本をレビューしていくつもりのブログです。 なんだか個人的にはかなり半端な時期に開設してしまったんですけど、ブログなんていうのは日頃から生まれては消えていくもののようですから別にいいんでしょうね。誰がいつ見るとも知れな…