読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ららら安楽の子

小説や映画などの感想ブログです。

そいつらは否定できないけれど――『甲鉄城のカバネリ』

アニメ 甲鉄城のカバネリ

こんにちは。

テレビアニメをね、久々に一気見しました。WIT STUDIOといえば僕は『ローリング☆ガールズ』が本当に大好きなんだけど、まあ『進撃の巨人』とか『屍者の帝国』の制作会社、と紹介するほうが簡潔なんでしょうね。というか『ローリング☆ガールズ』の制作絶対『屍者の帝国』と被ったせいでむやみに人員割かれたでしょ、と大した根拠もなく勝手に勘繰って未だにちょっと憤慨しているのですがこれは私怨です。伊藤計円城塔も好きだから別に良いです。『ローリング☆ガールズ』をよろしくお願いします。

とはいえ今回僕がよろしくしたのは『甲鉄城のカバネリ』なので、その話をしましょう。なんせおもしろかったのでね。


「甲鉄城のカバネリ」PV第三弾_2016.03.17解禁

「カバネ」っていうゾンビが蔓延する世界で、生駒っていう主人公の眼鏡男子が奮闘するアニメでした。なんせこの生駒が良い。

生駒はカバネに噛まれて自分もゾンビになりかけるんだけど、めっちゃすごい気合いで自分の「カバネ化」を無理やり食い止めます。その結果、人間とカバネの間の微妙な立ち位置の存在になってしまう。で、人間からカバネ扱いされて見放されてしまうところがあるんですね。全然まだ人の心があるのに。

カバネに怯える人間が、どれほど人として愚かな姿をしているのか、というのを生駒が痛感する瞬間でしょうか。

そしてそのあとで生駒は、カバネの大群によってピンチに陥った人間を、助けます。ここが良い。

俺を見ろ…お前らが蔑んだ男が血を流して死ぬところをよく見ていろ……!

俺がお前らを助けてやる……見捨てた奴に助けられた記憶をずっと抱えて生きていけ……!それを俺はあの世から笑ってやる………「ざまあみろ」ってなあああ(第二話)

つって助けるの。もうなんか、正義感がまるでなくって。カバネに怯える人間共の在り様を否定するためだけに助けるっていうこの感じがとても人間。怒り。生駒を好きになる人はたぶんここで好きになるんだと思います。

僕はなんていうかこの「否定」するっていう行動が作品全体に蔓延してるような気がしました。人間の内側に生まれた恐怖を否定すること。

美馬さんっていう、雰囲気でわかるタイプのラスボスが途中からでてくるんだけど、これは賛否両論のようですね。美馬さんもまた恐怖に憑りつかれた人で、「公平な世界」を目指す革命家のような立ち位置です。「公平な世界」というのは、カバネの脅威に、誰かに守ってもらうのでなくみんなが公平に晒され、弱い者は死に、強い者が生き残っていく世界のことです。で、自分はその頂点に君臨する。自分より上がいない以上、自分に恐怖は存在していないという理屈でしょうか。正直よくわかんないですが。

結局この美馬さんを打倒するのが物語の着地点になってしまったので、「カバネ」の根源とか真相に迫るようなことはなく、カバネがなんなのかはわからない。

ただ僕はなんとなくそれで良かったと思ってて、それはまあ「カバネ」っていう存在自体が恐怖の象徴みたいなものなので、その源を露呈してしまうっていうのはある意味カバネから寓話性を奪ってしまいかねないし、たぶんあえて明らかにしてないんじゃないかなあという作り手への予想があるくらいのものですが。それか二期でやるためとか。とにかく、人間がどうあがこうがカバネは既に発生していて蔓延しているし、もはや根絶やしにはできないものなんですよ。それはつまり恐怖そのものです。人間に恐怖を与える存在は、恐怖が存在しているって事実だけは、なにをしたって否定できない。

でも、「恐怖」に相対したときに「人間の内側で生まれる恐怖」は、否定することができる。そしてそれを否定できれば、あとは恐怖そのものに自ら近づき、打ち倒すことだってできる。このテーマは一貫しているんじゃないでしょうか。

 

あと気になったのは、カバネの倒し方ですね。「貫く」って感じの倒し方が多いんですよ。貫くっていうのは、たぶん躊躇とかそういうものがあると絶対できないやり方なんだよね。カバネの堅い心臓は、そういう余計な引っかかりがなにもない純粋な闘気でしか貫けない。これはちょっとかっこいいですね。

 

甲鉄城のカバネリ』、今後スクリーンで総集編をやるらしいので、見ていない人はそこから見てもいいかもしれません(もしかしたら二期とかの展開への布石なのかもしれない)。今はアマゾンプライムビデオでも配信してるので、無料体験で見るのもありです。僕はそれでした。

なんかこの感想ブログ、はたして見ていない人向けへの紹介を書いているのか、見た人向けへ解釈を書いているのかよくわからないですね。我ながらかなりぶれてる印象があります。ちょっと一考するべきなのだろうか。もし総集編見たら、また改めて書くかもしれません。

ともあれカバネリは作画がテレビシリーズではまず見ないような品質に仕上がっているので、そんな考え込まないで見ても楽しいと思うな。まじで作画が良い。すごいぞWIT STUDIO。そんな感じでロリガの続編をお願いします。

 

ばいばい。

 

……そういえば生駒が最後ラスボスと戦うときに眼鏡外して髪を切るんだけど、あれはやめてほしかったな。オタクvsヤンキーみたいな構図が良かったのに、イケメンとイケメンの勝負になっちゃうんだもんなあ。